ミシントラブルを防ぐための針と糸の使い分け

ミシンを使う際には、針と糸を布に合わせて使い分けることになります。

このまえクレジットカードでミシンを買いました、
クレジットカードはミシンのような高価な物を買う際は本当に役に立ちますよね

布に対して針と糸が適合していないと、糸が切れたり針が折れてしまったり、縫い目が飛んだりとさまざまなトラブルを引き起こすことになります。

ミシンにまつわるちょっとした歴史紹介

薄地のボイル、ローン、ジョーゼットには90番の糸と9号の針、普通地のブロード、シーチング、フラノなどには60番の糸と11号の針、厚地のカツラギ、ツイードなどには30番の糸と14号の針、デニム、ハンプには20番の糸と16号の針、といった具合です。

トヨタミシンについて

糸の太さは数字が大きくなるほど細く、針はその逆に数字が大きいほど太くなります。

針が太いと、その分針穴も大きくなります。

例をあげると、14号の針に60番の普通地用の糸は通っても、9号の針には通りにくくなるわけです。

また、ニット、デニム用の針は先端が丸くなっていますので、これらの布を縫う際にはニット用、デニム用の針を使用するようにしましょう。

針と糸が合わないとミシントラブルを招きますので、注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です